外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 会社概要 » ご近所にはあいさつまわりを!

ご近所にはあいさつまわりを!工事開始1週間前までにやっておきたい

騒音とホコリで迷惑

ご近所にあいさつまわりを(工事開始1週間前までに) ご近所にあいさつまわりを(工事開始1週間前までに)

工事が始まると、騒音やホコリ、塗料などのニオイをまき散らし、工事車両が頻繁に出入りするなど、何かとご近所に迷惑をかけることが多くなります。

特に外構エクステリア工事は、騒音とホコリがひどく、思ったより遠くまで影響があります。ブロック塀にペンキを塗装中は近所では臭くて窓も開けられない。ブロックを切る時には、ホコリが飛んで近所のベランダに干してあった洗濯物を汚す、などということがあります。

マンションでも要注意

ご近所にあいさつまわりを(工事開始1週間前までに)

マンションでは、外廊下に資材が置きっ放しになっていて、通る人が迷惑するとか、廊下やエレベーターを見慣れない人が出入りするので、居住者に不安を与えるなどの問題もあります。

自分が仮住まいをしていたり、これから住む中古マンションだったりすると、迷惑をかけていることに気が付かないこともあります。十分に注意しましょう。


工事開始1週間前には、あいさつ回りをしておくこと

ご近所にあいさつまわりを(工事開始1週間前までに)

あいさつに行く時は、工期や工事内容を伝えておきます。マンションの場合は、管理組合に伝えるのも忘れずに。管理規約にも工事の際は、内容や工期を連絡するようにと書いてあるはずです。

工事が始まる1週間ぐらい前までに、必ず近隣にご挨拶と工事の説明にまわりましょう。その範囲は、少なくとも向こう2軒両隣と後ろの3軒、合わせて7軒。大がかりな工事では、車の出入りも多いので、さらにそのお隣ぐらいまで挨拶しておきましょう。

マンションの場合は、少なくとも上下6戸と両隣の8住戸です。

外構会社の担当者もあいさつ回りをします。時間が合えば、そのとき一緒に行ってもよいでしょう。工事の説明などは、担当者にしてもらった方が、より伝わりやすいかもしれません。

【作成日:2013年1月3日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事