外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 会社概要 » 見積もりが違うのはなぜ?

見積もりが会社によって違うのはなぜ?仲良くなった方が得!

使う材料が違えば、工事費用も変わる

見積もりが会社によって違うのはなぜか?

同じ条件と要望で見積もりを依頼したのに、出てきた見積もりが会社によって違うのはなぜか?それは、それぞれの会社によって、要望に対する回答(プラン)が異なるからです。

工事内容や使う材料が違えば、当然金額も違ってきます。例えば、ある会社は材料を普及品でまとめ、必要最小限の工事に抑えて費用を安くします。普段から安い費用で請け負うことをアピールしている会社だからです。

別の会社は、スタイリッシュな空間になるように見た目に凝ったり、材料のグレードを上げたりします。多少予算を超えても、センスのある外構エクステリアを作れることを、会社の特徴にしているからです。

少し極端な例ですが、工事費用は使う材料や商品のグレードによって変わるのです。グレードが上がれば品質や機能、見栄えなどがアップしますので、当然ながら金額も高くなります。

施工にかかる、手間の違いも費用に影響

見積もりが会社によって違うのはなぜか?

価格に影響するのは、材料費だけではありません。もう一つ大きな要素が「施工費」です。

施工費は、プランの内容と工期に大きく左右されます。施工費 = 人件費ですから、凝った手間のかかるプランは、それだけで工期も長くなり、人件費もかさみます。

例えば、レンガ花壇を追加したとします。その費用は、レンガ代など材料費にプラス施工費が計上されます。このとき、安い材料を使ったとしても施工費は変わりません。(見積もりには、材料費と施工費が分けて記載されているとは限りません)ですから、手間のかからないシンプルなプランで、工期の短いほど施工費は安くなります。


人件費は意外に高い!

見積もりが会社によって違うのはなぜか?

工事費用は、材料費にプラスして、施工する人の「人件費」で成り立っていることを理解しておきましょう。

安くしてくれと頼むと、結果的に手抜き工事になってしまうのはこのためです。材料費を削ることは難しいのですから。気持ちよく職人さんに仕事をしてもらうためにも、安易な値引きはおすすめできません。


最後は人の心(人情)

見積もりが会社によって違うのはなぜか?

私も職人なので、お客さんが気持ちよく接してくれたり、せかされて仕事をしなければ、工期が早くなり仕上がりもきれいになります。気持ちよく仕事ができ、「お客さんのために!」という人情が湧いてきます。

工事を決めた会社の職人さんには、できるだけ気持ちよく接してあげてください☆きっと、要望以上にいい仕事をしてくれること間違いナシです。

【作成日:2013年1月1日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事