外構・庭づくり専門店

≫≫ 施行例 ≫≫ 会社案内
ホーム » 会社概要 » 外構見積もりの正しい取り方

外構見積もりの正しい取り方|口約束せず必ず書面でもらう

費用明細と総額を示してもらうのが「見積もり」

工事費用がわからないまま、外構工事やリフォームを頼んでしまうと、後で大変なことになってしまいます。

そこで、工事を依頼する前には、必ず「ここをこのように工事したいのだけど、いくらくらいでできますか?」と、施工会社に尋ねます。それが、「見積もりを取る」ということです。

口頭ではなく必ず書面をもらう

外構見積もりの正しい取り方

口頭で「いくらです」と聞いただけでは証拠が残りません。

例えば、知り合いの業者に頼んで、「いいよ、○○万円でやってあげる」などと安請け合いさえ、その金額でできればいいのですが、そうとは限らないでしょう...

工事後に「これだけ費用が追加になったよ」などと言われても、お金の用意がなければ困ったことになりますし、納得がいきません。

見積もりは、必ず書面で提出してもらうことが大切!それを契約書に添付して、正式に契約を交わしてから工事を始めてもらいましょう。


複数の会社に依頼して比較検討する

見積もりは1社からではなく、複数の会社から取ります。これを「相見積もり」と言います。併せて、工事プランの提案もしてもらいましょう。

各社の見積もりとプランを比べることで、「この会社はプランニングやデザインが上手だ」とか「同じカーポートなのに、この会社の方が安い」などということが分かります。

複数の会社に見積もりを依頼すれば、ライバル意識を持って頑張ってくれるというメリットもあります。


材料単価やアルミ製品の金額、工事内用まで確認できる

外構見積もりの正しい取り方

工事費用が全部でいくらかかるのか?ただそれだけの見積もりでは意味がありません

例えば、「カーポート」の項目があるとします。どの製品・メーカーが使われるのかが明記されています。工事費込なのか、商品のみの代金なのかも明記されています。

また「ブロック積み」の項目では、製品(メーカー)が明記され、数量と単価が出ています。これをプランや図面(デザイン)と照らし合わせれば、どの場所でこのブロックが使われるのかが分かります。

門ができれば、門扉がセットになっている。門柱ができれば、インターホンや表札がセットになっている。などと考えてしまうと、後でトラブルの元になってしまいます…

金額が高額で工事範囲が大規模で「一式」となっている場合は、どんな商品が使われそれぞれの単価がどうなっているのか分かりません。


分からないことは、担当営業マンに聞く

外構見積もりの正しい取り方

正しい見積もりならば、見積もりの記載を目で追っていくだけで、工事の全体像が見えてくるものです。

専門用語も出てくるので、多少理解しづらいところもあります。しかし、ていねいに見ていけば、素人でも十分に理解が可能です。難しい所は気軽に担当者に聞いてください。

ただし、明細を出しにくい工事項目もあります。例えば、解体工事などは、あまり細かく記載されていません。だからといって不信感を持つ必要はありません。解体工事の場合は、基本的に「およそ何日(何人)解体するまでかかるか?」で見積もりを考えますので、明細が出せないことは理解してください。

【作成日:2013年1月1日】


関連ページ


このページを読んだ人にお勧めの記事